1. TOP
  2. 体脂肪を減らすには食事の量よりも質が重要な理由:青汁の取り方

体脂肪を減らすには食事の量よりも質が重要な理由:青汁の取り方

体脂肪を減らす食事

体脂肪を減らすには運動よりも食事制限のほうが手っ取り早く効果的だとそのように思い込んでいる人は意外にも多いかもしれません。

そこで、青汁を積極的に飲んでいる人も少なくないでしょう。

ですが、いくら摂取カロリーを減らしても消費カロリーが少なければ痩せることは非常にむつかしいといえます。

たとえ、1日の最低消費カロリーよりも少ない摂取カロリーで痩せることができたとしても健康に良くありません。

また、栄養不足を引き起こしかけている状態で食事制限を無理して行うと脂肪を燃焼させるエネルギーが足りなくなり長期的に見ても体脂肪を減らすというのは難しくなります。

なので、体脂肪を減らすなら食事制限でカロリーだけを減らすというだけで良いわけではないのです。

ここでは、体脂肪を効果的に下げるための方法を紹介していきます。

体脂肪を減らす食事の質

体脂肪は低すぎてもダメな理由

脂肪と言うのは一般的に肥満などや成人病をイメージする人は多いかもしれません。

さらに、体脂肪と言うのは低ければ低いほど健康に良いというイメージも強いのではないでしょうか。

実は、体の大きさに適した脂肪率を維持するほうが健康に良く体に良いと言われています。

そもそも、脂肪と言うのはホルモンや細胞になったり人間が活動をしていくうえで最も大切な役目を持っています。

また、脂肪と言うのは外部の衝撃から臓器を守るという役目もあります。

必要な体脂肪率と言うのは年齢や性別や体格で大きく変わり成人男性で「15~20%」で成人女性なら「20~28%」を目標にすると良いですね。

一般的に、体脂肪が高い場合は「肥満」や「糖尿病」などを引き起こす可能性が高くなっていきます。

とはいっても、極端に体脂肪を下げてしまうのも体に負担をかけてしまい様々な悪影響を及ぼす可能性も出てきます。

さらに、女性の場合は体脂肪を15%以下になってしまうと妊娠しにくくなってしまいます。

なぜなら、女性の体と言うのは子宮を守るためにお腹周りに適度な脂肪が集まっているからです。

つまり、体脂肪が標準よりも低すぎると脳は妊娠の準備ができていないと判断して妊娠しにくくなってしまうのです。

体脂肪とは、高すぎても低すぎても体に問てよくありませんし健康にも悪影響を与えてしまうのです。

だから、体脂肪率は標準値を意識して成人男性で「15~20%」で成人女性なら「20~28%」を目標にすると良いですね。

体脂肪 食事

無茶な糖質制限をせずに体脂肪を落とすための食事とは?

体脂肪を落としたいというなら食べる順番にもこだわる必要があります。

まずは、食物繊維が多く含まれている野菜から食べます。

そうすることで血糖値の急な上昇を防ぐことができ食べ過ぎにくくなります。

また、最近では糖質ダイエットと言う炭水化物を抜いたダイエットの方法が流行ですが炭水化物を全く摂取しないというのは体脂肪の年商が停止してしまう可能性もあるので全く摂取しないというのは余り良くありません。

体脂肪 青汁

なので、カロリーの制限をするとか食事の量を減らすとか工夫をするようにしたほうが良いでしょう。

また、脂肪を燃焼させやすい体質を作り出すなら筋肉になる栄養素が含まれている食事をするようにしたほうが良いです。

例えば、魚や豚肉などを中心に食事をしてもビタミンBが不足しているならたんぱく質はアミノ酸に分解できないので吸収はされません。

なので、筋肉を作り痩せやすい体質を作るならミネラルや食物繊維などを含む料理を中心にした食事が良いといえます。

つまり、極端な食事制限をしないで1日3食しっかりと食事をしてたんぱく質や脂質などや炭水化物と言った三大栄養素をバランスよく摂取していくようにしましょう。

そこで、やはり青汁の存在がクローズアップされるのです。

  • ダイエットするために
  • 健康を維持するために
  • 栄養補給のために

ということで、青汁が理にかなっているのです。

最近は、青汁と言っても、乳酸菌配合のものやコラーゲンやプラセンタなどの美容成分など、各社様々な商品を提供しています。

自分にあった青汁を選びながら、トップページでも紹介している豆乳と一緒に摂ることで、より効果を発揮してくれるでしょう。

参考記事
豆乳青汁でダイエット効果倍増!